貸借権と地上権

貸借権と地上権は土地の利用方法をどうするのか、という点で非常に重要なもので、現在は基本的には貸借権による契約が主流となっています。貸借権とは、賃貸人の承諾を得て間接的に土地を支配する権利で、地上権に比べるとその効力は弱くなっています。それもそのはずで、貸借権によって得られるのは債権であり、地上権のような物権を得られるわけではないからです。

掌に家物権とは、物に直接的に作用する権利の事で、土地を使用する事、それによって収益を上げる事を地主の同意なく行える権利となります。使用・収益に関して地主を飛ばして直接土地を所有しているような物です。対して債権とは、人に対して一定の行動を求めることのできる権利ですので、地主等に土地の利用を請求する権利を持っている、という事になり土地の使用やそれによる収益を上げる事についてその都度、地主に許可をもらわなくてはならないため、あくまでも地主を通した契約という形になります。そうした違いから、地上権は貸借権と違って、土地を直接的に支配できるため、地主の許可なく地上権を登記し第三者への譲渡や賃貸をする事が可能になります。貸借権ではそうはいかず、貸借権の登記には地主の許可が必要となり、第三者への譲渡や賃貸には地主の承諾が必要になる、というわけです。