その他の種類

借地権の細かな種類分けは一般定期借地権、事業用定期借地権、建物譲渡特約付借地権、普通借地権となっています。それぞれ用途や目的、特別な条件などが付いているので、契約の際には必ずしっかりと契約内容は確認しなくてはなりません。

家一般定期借地権と普通借地権については特別な条件等はありませんので割愛しますが、事業用定期借地権と建物譲渡特約付借地権については、前者が事業用に土地を借りる時限定の契約となります。契約期間は10年以上50年未満とされていて、定期借地権と同様に契約後の延長はありません。後者は契約時に土地所有者が建物を相当の値段で買い取るという契約がなされている借地権契約です。期間は30年以上とされています。また、工事現場などで利用される一時使用目的の借地権という物も存在しており、これらの土地に関する法律は精密に整備され複雑になっている事がお分かりいただけるかと思います。また、これらの借地権で、土地所有者が仮に土地を第三者に売り渡した場合、借地権はどうなるのかというと、建物に借地人の登記がされていれば問題はないとされています。ただし、借地人と建物登記の人物名が違う場合は難しくなるそうですのでその点には注意して登記を進めるのが良いでしょう。